追蹤
嵐の製造機★ARASHI MAKER
關於部落格
所有創作皆嚴禁二改上傳、商用。 var _wau = _wau || [];
_wau.push(["tab", "60nv8fwson1h", "2kh", "left-middle"]);
(function() {var s=document.createElement("script"); s.async=true;
s.src="http://widgets.amung.us/tab.js";
document.getElementsByTagName("head")[0].appendChild(s);
})();
  • 207499

    累積人氣

  • 7

    今日人氣

    1

    追蹤人氣

【新聞】甲子園目指す!嵐・二宮、弱小野球部監督で教師役初挑戦


【甲子園目指す!嵐・二宮、弱小野球部監督で教師役初挑戦】
 
高校野球は3月21日にセンバツが開幕し、4月に入ると、二宮が球児とともに白球を追う-。
 
 「先生役というのが挑戦そのもの。見ていて気持ちが良いようなキャラクターになればいいな、と思っています」
 
 高校教師役に初挑戦する二宮。新境地開拓への決意の強さが言葉ににじみ出た。ドラマ「弱くても勝てます-」は日本有数の進学校が舞台で、東大で生物学の研究に没頭する田茂青志(二宮)が母校の同校で生物の臨時教師を務めることになり、OBという理由で野球部の監督に就任する。
 
 しかし、野球部は学業優先で週1回まじめに練習するも、未勝利の弱小チーム。そこで田茂監督は部員の頭脳を結集し“逆転の発想”で、奇策を編みだして強豪校に挑む物語だ。
 
 二宮は小学生のころ、所属チームで一塁手として活躍。2003年に東京ドームで行われた「ジャニーズFAN感謝祭」では投手をまかされ、左腕からキレのあるボールを連発。優秀選手賞に輝いた。
 
 昨年の夏の甲子園もテレビなどでチェック。二宮は「監督の紹介をみたら俺と同い年で衝撃を受けましたよ。自分(の野球人生)は常に選手だったから」と語り、「甲子園を目指すというのは出場している監督さんと同じなので、みんなと頑張っていきたい」と今回の役をイメージした。
 
 同局の河野英裕プロデューサーは田茂先生について「目先のことに没頭しやすく、ちょっと風変わりなキャラクター」と説明。その上で「二宮さんが本来持っている明るい部分を前面に出してほしい」と期待した。
 


 

【「嵐」二宮和也、教師役に初挑戦!役作りで“武者修行”も】
 
嵐の二宮和也(30)が主演ドラマで教師役に初挑戦する。日本テレビ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望(仮)~」(土曜後9・00)で4月スタート。超進学校の野球部監督を務める高校教師を演じる。 
 
 原作はノンフィクション作家、高橋秀実氏の著書「弱くても勝てます 開成高校野球部のセオリー」。ドラマは同著をもとにした完全オリジナルストーリーで、日本有数の進学校に赴任した30歳目前の新人教師・田茂青志(たも・あおし)が部員5人で創部以来勝ったことのない弱小野球部監督に就任。部員たちの恋愛や友情、進学などの悩みを解決しながら、意外性に満ちたセオリーを駆使して勝利と甲子園を目指す姿を描く。
 
 二宮は、同局の連ドラには初出演となる。演技には定評があり、生徒役では出演作を重ねてきたが、教師は初めて。役作りのため、二宮が全国を訪問し“武者修行”することも予定している。
 
 野球は小学生時代にチームに所属し、ポジションは一塁手だった。昨年、高校野球を観戦していた際に同い年の監督がいて驚いたそうで「若くして監督やってる人がいるんだなあって。リアルにいらっしゃることを知ったので、それもドラマになんとか取り入れていきたい」と早くも役柄のイメージを膨らませている。
 
 
相簿設定
標籤設定
相簿狀態