嵐の製造機★ARASHI MAKER

關於部落格
所有創作皆嚴禁二改上傳、商用。 var _wau = _wau || [];
_wau.push(["tab", "60nv8fwson1h", "2kh", "left-middle"]);
(function() {var s=document.createElement("script"); s.async=true;
s.src="http://widgets.amung.us/tab.js";
document.getElementsByTagName("head")[0].appendChild(s);
})();
  • 204904

    累積人氣

  • 1

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

【新聞】嵐主演映画「ピカンチ」10年ぶり復活!



 人気グループ「嵐」が主演した青春映画シリーズの最新作「ピカ☆★☆ンチ(ピカンチ・ハーフ) LIFE IS HARD たぶんHAPPY」(堤幸彦監修、木村ひさし監督)が10年ぶりに製作されることになった。デビュー15周年イヤーの今年8月1~31日まで、東京・水道橋のTOKYO DOME CITY HALLで限定公開される。
 
 東京のある団地に暮らす5人の若者の等身大の悩みや友情を描き、02年に公開された「ピカ☆ンチ」は、04年の「ピカ☆☆ンチ(ピカンチ・ダブル)」と合わせファンの間でも伝説的な作品。当時、メンバー間で「次やるとしたら10年後ぐらいだね」と話していた通り、メンバーからの発案で復活することになった。
 
 今回は続編ではなく、番外編として5人それぞれが結婚や転職などを経験した10年後の姿が描かれる。二宮和也(30)は「なんで『ハーフ』なのかって意味合いを描きたい。いつか作る日が来るかもしれない『トリプル』の影が踏める作品になったら」と話した。
 
 撮影は今月中旬からクランクイン予定。松本潤(30)は「役に会うのもスタッフに会うのも久々で同窓会みたい。デビュー15年っていうタイミングで、もう1回バカなことをするユルさを楽しみたいし、肩ひじ張らずに懐かしく見てもらいたい」とアピールした。
 
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20140612-OHT1T50297.html
 

 
 
嵐の主演映画が7年ぶりに製作される。映画「ピカ☆★☆ンチ(ピカンチ・ハーフ) LIFE IS HARD たぶん HAPPY」(堤幸彦監督)で、東京・後楽園の東京ドームシティホールで8月1日から同31日までの期間限定で上映される。
 
 同作はV6井ノ原快彦原案で製作された02年「ピカ☆ンチ」、04年「ピカ☆☆ンチ」に続く、「ピカンチ」シリーズ第3弾で、団地暮らしの男子高校生だった5人が30代に突入。10年ぶりに再会することから始まるストーリーだ。前2作に続き、井ノ原の出演も決定した。嵐主演映画は07年「黄色い涙」以来。5人の発案で製作決定した経緯を松本潤(30)が説明した。「15周年のタイミングで、ファンの人たちと記念になる時間を過ごせないかなと。スピンオフ(派生作品)として、よりゆるく、楽しいものをやりたいと思いました」。
 
 「ピカンチ」前2作は全国公開せず、1作目は1会場、2作目は2会場で上映。当時とは違い国民的グループに成長した嵐だが、今回も小規模スケールにこだわり、“単館公開”される。「屋形船を沈めるシーンで東京湾で死にかけましたが、もう1度バカなことをしたい。それぞれ大役や責任ある仕事をさせていただいていますが、そういうところだけでなく、当時みたいなゆるさやハチャメチャな面白さができる作品。たまに会いたくなる作品なんです」。
 
 1カ月間の上映で、約25万人の動員を見込んでいる。撮影は今月中旬から約1カ月行われる予定。二宮和也(30)は「(ピカンチ・)トリプルの影を踏めるところまでいけたら。映画か分からないけど、ずっとやっていたい作品です」と、シリーズが長く続くことを希望した。
 
 
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp1-20140613-1316742.html
 
 
 
 
11月にデビュー15周年を迎える嵐の主演映画「ピカ☆ンチ」シリーズのスピンオフ映画が製作されることが12日、分かった。2作目から10年ぶりとなる新作「ピカ☆★☆ンチ」(ピカンチ・ハーフ)は、続編ではなく“2・5作”という位置づけで、8月1日から31日まで東京・TOKYO DOME CITY HALLで限定上映される。07年の「黄色い涙」以来、4作目の主演映画で5人は “30代の青春”を“ゆるく”演じる。
 
 10年の時を経て「ピカ☆ンチ」シリーズが再び動き出す。15周年の記念イヤーでの製作を喜ぶ松本潤(30)は、「『3』だとハードルが上がる。2・5作という立ち位置でゆるく楽しめたら」と今月中旬から始まる撮影を見据えた。
 
 同シリーズは嵐の初主演映画として02年にスタート。八塩団地で暮らす高校生5人の青春を描いた1作目が人気となり、04年公開の2作目「ピカ☆☆ンチ」(ピカンチ・ダブル)は20代社会人となった5人を描いた。今作は10年ぶりに再会した30代の5人が家族や仕事の悩みにぶち当たる姿を描く。
 
 スピンオフ映画計画は4月ごろに決まり、今後、急ピッチで製作が進められる。過去2作では、嵐が主題歌を担当し、シングルとしてヒットしたが、今作では「主題歌は2・5作なのでない」(松本)。二宮和也(30)も「急に始まったのでゆるゆるです」と肩肘張らない映画作りを強調した。
 
 位置づけは2・5作でも、シリーズを通じたハチャメチャぶりは健在。二宮演じるタクマの“ビッグダディ”化や、松本演じるボンの、沖縄での運命の相手と出会い、略奪婚なども登場する。
 
 松本は「青春は終わっていない。シリーズ同様、笑えてせつない、感動できる作品にしたい」と意気込む。10年放送のフジテレビ系ドラマ「最後の約束」以来、4年ぶりとなる5人の演技が注目される。

 
http://news.livedoor.com/article/detail/8932463/



 
相簿設定
標籤設定
相簿狀態